ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




今日もモコハウスのモデルハウスに行ってきました。


夫が1階で打ち合わせ。
私は2階で子供たちの見張り(?)をしていたわけですが
子供たちが遊んでいるのをボーっと見ているとなんだか眠くなってきて・・・
やっぱりこのおうち、ホッとします。


3重木製サッシ は遮音性も優れているということなので部屋の中はとても静か。
24時間換気システムでクリーンな空気を維持しているし
無垢の木の優れた調湿機能に加えて、木の香りでストレス解消になるんだそう。
などなどのおかげで毎回ホッと・・癒されているのでしょうか。


今日ホッとしたのはそれだけではなく


やっと 『契約』 までこぎ着けました。
これから本当のおうちづくりが始まるというのにホッとしている場合ではありませんが
私たちにとっては家づくり計画が始まってからここまでの約1年(わぁ!もう1年!!)
とても長く感じていたので、とりあえずは1段階終了!といった感じ。
なので、とても嬉しいです。


ここに落ち着くまで遠回りしてきたような気もしますが
結果モコハウスと出会うことができ、当初まさかここまでの仕様にできるとは
思っていなかったところまで納得のいくプランを進めていくことができています。


また心機一転、気を抜かずに細かいところを考えていこうと思います。
最近ずっと思考中の照明関係、急がず本当に気に入ったいいモノを探すつもり。
今日は、アンティークショップでブラケット照明を二つ購入しました。
ピン!ときたこの照明たち、新しいおうちにつくのがとっても楽しみです。


とにかく、来月、私たちのおうち着工です!
スポンサーサイト




とてもかわいい、フィンランドの映画を観ました。
(以前の日記に“スウェーデンの映画”と書いたのはマチガイでした)

ヘイフラワーとキルトシュー
・・という姉妹の物語。

ヘイフラワーとキルトシューヘイフラワーとキルトシュー
(2006/07/07)
カトリーナ・タヴィティルダ・キアレント

商品詳細を見る


7歳のヘイフラワーが、ワガママな妹キルトシューと家事がまったくダメなママのお世話をしてあげて・・・
というような内容ですが、

このママ、かなりいいキャラしてます。
ママだってワガママ言いたくなるときあります!
共感!!!

それはさておき、
やっぱり、インテリア。
すっごくかわいいです。

フィンランドカントリーハウス(?)ってことになるのかな。
外観、インテリア、設備関係・・・なにをとっても申し分のない可愛いさ。

インテリアのポップな色使いや、
テーブルクロス、ベッドリネン、カーテン、オーブンに掛かっているナフキン
などなど布使いもすごく参考になります。

バスルーム、お庭、階段まで・・・
ホントに素敵。(ちょっとマネはできないけど)

いつも映画を見ていて思うのは、
ごちゃごちゃとモノが置いてあって生活感がすごくでてるのに
なぜかイヤじゃないのは、雑貨やパッケージなどがどれも可愛いからなのかな。
ヘイフラワーがシリアルを食べるシーンも、キッチンめちゃくちゃなのに
牛乳のパッケージや、まわりに置いてある食器や雑貨が可愛いので
逆にそっちに気がいってたりして。。

どたばたストーリーなのに、ほんわかあったかい気分にさせてくれるのは
おうちの雰囲気のせい?

あと、キルトシューのファッションもとてもキュートでした。

もうひとつ、この映画のいいところは
子供たちがとっても気に入ってくれたこと。
ふたりが寝静まってから見なくても、昼間一緒に見ることができます。
これがいちばん!!






LDKは、あわせて19.4帖。
そう広くはないけど、吹き抜けをつくって少しでも空間を広くみせることにしました。
3m×3m、約5.5帖分。
天井高さ5mほどの吹き抜けです。

リビング

この写真はモコハウスのモデルハウスのリビング。
イメージとしては近いと思います。

吹き抜け部分につくFIXの窓からも光がさしこみ、明るいリビングになりそうです。
ただ、夏の暑い日差しが気になるところ。

その対策として、
南側、西側の窓にはオーニングがつきます。
先日の打ち合わせでオーニングの色が決まりました。
デザイナーのトーマスさんから提案していただいた無地のブルー系のものに決定です。
ブルーといってもサンプルにはブルー系がたくさんありました。
選んだものは紺色に近いブルー・・・かな。
小さいサンプルでは実際ついたときの感じがわかりにくいけど、私のイメージの中では
カジュアルでかわいい感じの外観になるかな・・とおもっています。

“かわいい”と言っても、

白い壁。
木製の窓の茶色。
オーニングのブルー。

これだけなのですが、
想像すると、かわいい感じになります。

“白い壁”の白はベージュ系の白を提案されました。
実際その色が使われているおうちを見せてもらいましたがとてもキレイな白。
文句なしです。


LDKにもどって・・・
キッチンはいろいろ考えた結果やっぱり対面式にしました。
吊り戸棚はつけずにオープンな感じです。
そのかわり、バックキャビネットも作って収納がきっちりとできるようにします。

キッチンからお庭へ出ることができるようにドアもつけてもらいます。
庭との一体感をだすために、透明ガラスのドアにしてもらいました。
今までマンションでの生活では叶わなかった、ゴミ出しも楽にできるし
余裕ができれば、キッチンガーデンも作ってみたいと思っています。

こんな雰囲気が理想。

LONDON

これってホントに雰囲気だけだけど・・・
予定では白いシンプルなキッチンなので雑貨や食器などで色づけをしたいと思います。






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2008 森のおうち, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。