ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




LDKは、あわせて19.4帖。
そう広くはないけど、吹き抜けをつくって少しでも空間を広くみせることにしました。
3m×3m、約5.5帖分。
天井高さ5mほどの吹き抜けです。

リビング

この写真はモコハウスのモデルハウスのリビング。
イメージとしては近いと思います。

吹き抜け部分につくFIXの窓からも光がさしこみ、明るいリビングになりそうです。
ただ、夏の暑い日差しが気になるところ。

その対策として、
南側、西側の窓にはオーニングがつきます。
先日の打ち合わせでオーニングの色が決まりました。
デザイナーのトーマスさんから提案していただいた無地のブルー系のものに決定です。
ブルーといってもサンプルにはブルー系がたくさんありました。
選んだものは紺色に近いブルー・・・かな。
小さいサンプルでは実際ついたときの感じがわかりにくいけど、私のイメージの中では
カジュアルでかわいい感じの外観になるかな・・とおもっています。

“かわいい”と言っても、

白い壁。
木製の窓の茶色。
オーニングのブルー。

これだけなのですが、
想像すると、かわいい感じになります。

“白い壁”の白はベージュ系の白を提案されました。
実際その色が使われているおうちを見せてもらいましたがとてもキレイな白。
文句なしです。


LDKにもどって・・・
キッチンはいろいろ考えた結果やっぱり対面式にしました。
吊り戸棚はつけずにオープンな感じです。
そのかわり、バックキャビネットも作って収納がきっちりとできるようにします。

キッチンからお庭へ出ることができるようにドアもつけてもらいます。
庭との一体感をだすために、透明ガラスのドアにしてもらいました。
今までマンションでの生活では叶わなかった、ゴミ出しも楽にできるし
余裕ができれば、キッチンガーデンも作ってみたいと思っています。

こんな雰囲気が理想。

LONDON

これってホントに雰囲気だけだけど・・・
予定では白いシンプルなキッチンなので雑貨や食器などで色づけをしたいと思います。
スポンサーサイト




モコハウスから外観イメージ図が届きました。


イメージ

モコハウスの施工例では外壁を2色使いにしたデザインが多いのですが
私たちは、ずっと考えていた白一色でお願いすることにしました。
真っ白、オフホワイト系、ベージュ系・・・白といってもいろいろあるので
またデザイナーのトーマスさんに相談しようとおもいます。
スタイリッシュな、というよりは優しい感じの白がいいな。

白い壁に木製の窓枠がポイント。
それからオーニングも外観の大きなポイントになりそう。
たくさんの色や柄の中からどんなものを選ぶかでずいぶん雰囲気が変わるんだろうな。

オーニング柄

次回打ち合わせのときには決めて
窓や建具と一緒にスウェーデンからやってくるようです。

オーニング施工例


モコハウスでおうちを建てることになってからは、スウェーデンってどんな国?って
とても興味がでてきました。
最近スウェーデンの映画もみました。
とてもカワイイ映画だったのでまた紹介しようとおもいます。




先週末、デザイナーのトーマスさんと2度目の打ち合わせでした。

寝室にベランダを追加してもらったり
ユーティリティが少し変更になりました。

スウェーデン製の木製サッシをさっそく発注するということなので
窓の位置、大きさなど細かいところまで決めてきました。
全部のサッシが特注なのでスウェーデンから船便で到着するのは3ヵ月後。
待っているあいだに、図面作成や確認申請などが進んでいくのでしょう。

あとは、木製サッシと一緒に船に乗ってやってくる、玄関ドアと室内ドアも決めてきました。
玄関ドアは丸い窓のついた無垢のオーク材。

mokohouse

室内ドアは、無垢の木に白く塗装されたドアにしました。
外国のおうちを見て昔から憧れていた感じのものです。
ドアに重みがあって閉めたときの音が日本製のものとは違う感覚なのだそう。
欧米の映画を見ては、いいな~。かっこいいな~。
こんなドアのおうちに住むことはないんだろうなって思ってました。
私の夢のひとつが叶ったような感じです。
白いドアはモデルハウスにもついていないので自分のおうちで見るのがすごく楽しみ♪

そして、この日は、トーマスさんとトーマスさんの奥様のお店、ロピスラボ にも行ってきました。
北欧雑貨のお店で、夏のあいだ滞在されているスウェーデンの蚤の市で買い付けされたものがたくさん並んでいます。お店の雰囲気がすごくかわいくてゆ~っくりと時間が流れているような感じのとても素敵なお店でした。
トーマスさんの奥様のブログ アネヒル日記 では、夏のスウェーデンやカワイイ森のコテージが紹介されていたり・・・すごく素敵です。
ホントに憧れ。私にとっては夢のまた夢。





先週末、モコハウスのデザイナー、トーマスさんと初打ち合わせでした。

ファーストプランの図面は夏休みの滞在先スウェーデンから届いたものだったので
図面を見ていて感じていた、なんとなく想像通りの
お話しやすく、とても真面目そうな方でした。
インテリアの細かいところもいろいろ相談にのって欲しいなって
思えるような方だったので嬉しかったです。

設計の方はファーストプランを基本的にとっても気に入っていて
間取りの大きな変更はまったく考えていません。
トーマスさんに全面的にお任せ。
どうしても・・・というところだけ変更してもらうことにしました。


ファーストプランをもらってからトーマスさんとお会いするまでに
変更をお願いしていたのは次の通り。

1. 樹脂サッシを木製サッシに変更。
  玄関ドアもスウェーデン製の木製のものに。
  (どうしてもココは外せなかった)

2. ネコ2匹と一緒に暮らすので、シューズクロークやパントリーにはドアをつける。
  (じゃないと毛だらけになっちゃいます)

3. 南側、西側の窓にはオーニングをつける。
 
などでした。

モコハウスのオーニング(陽よけ)は輸入のもので、とてもいいものだそうです。
サンプルを見せてもらいましたが、無地やスライプなどたくさんの中から選ぶことができます。
冷房の効きはかなり良くなるみたいだし
開閉操作はお部屋の中でできるしなんだかすごくいいです。


そして今回の打ち合わせでは、さらに変更してほしい箇所をお伝えしてきました。

1. ねこのトイレをユーティリティ内に置きたいのでその近くにトイレを。
  (ネコが用を足したあとの処理をスムーズにするため)

2. 2階寝室にベランダをつくってほしい。
  (お布団を干したい)

3. 階段を上りきったところに柵を作ってほしい。
  (寝室にネコを入れたくない・・のと、子供落下防止)

などなど。

そして今日、変更図面をメールしていただきました。
じっくり見て、考えて、
また週末、楽しい打ち合わせです。





依頼していたプランが全部出そろいました。
最終的に悩んだのは モコハウスロイヤルフォートスウェーデン の2社。

先週日曜日の午前にロイヤルフォートスウェーデンと、午後にはモコハウスと打ち合わせ。

ロイヤルフォートスウェーデンからはこんなプランがでてきました。

RFS1F
1F平面図

RFS2F
2F平面図

私たちの要望を的確に盛り込んだ、すごくきれいにまとまった間取りだとおもいます。
延べ床面積は1階2階あわせて30坪。
収納もこれくらいあればなんとかなりそう。
木製の玄関ドアや室内ドア、床は無垢材が標準仕様だし
なんといっても、3層木製サッシ(Low-e、アルゴンガス入り)までもが標準。

事前にもらっていたモコハウスからの提案は木製サッシではなく樹脂サッシだったので
このプランを見たとき、ほぼこちらに決定かな・・と思っていました。
たぶん、夫もそう思っていたと思います。
それを証拠に夫はかなりの値段交渉をしてくれていました。

とりあえず、営業のかたにいろいろな交渉を終えて宿題とし、モコハウスに向かいました。

やっぱり木製サッシは外せないかな~・・・てことはロイヤルフォートスウェーデンにほぼ決定?
とか話しながらモコハウスのモデルハウスへ。

入ったとたん、
あれ?なんで?
やっぱり気持ちいい!!
すごく気持ちいい!!!

さっきまで長時間、ロイヤルフォートスウェーデンのモデルハウスにいてそこまで思わなかった居心地感がそこにありました。

半分以上諦めていたモコハウスでしたが、やっぱりこっちかな?って。
打ち合わせ中、時間がたつにつれ、どんどんその想いが強くなってきている私。
でも実は夫も同じことをずっと考えていたようでした。

モコハウスのおうちは、どうしてだかわからないけど(説明はしてもらったけど)
なんだかすごくいい空気が流れているようで、ホントに気持ちが落ち着き、
癒やされる、とても不思議な空間です。

そのわけは、いろいろあるようなので
少しずつ書いていきたいとおもいます。

てなことで、モコハウスに決定!!
いろいろ話合って木製サッシも実現することになりました。

小さなおうちだけど、私たちの想いがたくさん詰まったおうちになりそう。
いよいよ家づくりが本格的にはじまります。


fplan








| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 森のおうち, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。